すぼら家事術

ずぼら的梅雨のカビ・湿気対策

どうもこんにちは。
ひまわり(@positivegirl___)です。

もうすぐ、じめっとした梅雨がやって来ますね。
梅雨の時期に気になることといえば【カビ】【湿気】ですよね。
毎年、除湿器を買おう買おうと悩み、梅雨が終わります(笑)
今回は、ずぼら的梅雨の湿気対策についてお話しします。

カビとは?

「カビ」は、何となくよくないイメージがあり、カビの予防や対策をしなければならないと思っている人が多いと思います。
気持ち悪いし、臭いし、気がついたらあっという間に!というのが私のカビのイメージです。
カビは、微生物の一種です。
微生物は「発酵」という作用を持ち、この点では、私たちの生活に便利に活用されていますが、微生物の一種であるカビが、私たちの普段の生活の中で発生すると、アレルギーや感染症を引き起こしたり、食品を腐敗させたり、お腹を壊したりなど、悪影響を及ぼすことになります。

ちなみに、カビにはいろいろな種類があり、すべてのカビが、私たちの生活に悪影響を及ぼす要素となるわけではありません。
チーズにもカビが必要ですし、発酵食品=カビの力、カビのおかげといっても過言ではないと思います。

アレルギーや感染症、食品の腐敗など、私たちの生活に悪影響を及ぼすカビには、きちんと対策をとることが必要です。

カビを防止するためには

カビに対する対策
・発生させない
・繁殖させないこと

この二つが大事になってきます。

カビの防止のためには、どのような点に気をつければよいのでしょうか。

カビの繁殖する条件には、栄養、水分、温度、酸素などが関係しています。

ということは、これらの要素をなるべく取り除くことが、カビ防止につながるということができます。

具体的には、カビの栄養となるものを取り除くため、こまめな掃除に心がけ、湿気を溜めないために、除湿や換気に気をつけることなどが、カビ防止の対策には有効です。

湿気とは?

湿気とは、空気中などに含まれている水分のことを言います。
湿度が高すぎると不快に感じます。

もともと日本の住宅は、襖や障子などを使った風通しのよい構造でしたが、冷暖房の普及や防犯上の問題によって、密閉された住宅へと変化してきたため、私たちの生活は湿気が増えつつある傾向にあるようです。

湿気はカビの原因にもなりますので、湿気対策はとても重要です。

湿気を防止するためには?

必要以上の湿気は、ただただ不快以外の何者でもありません。
湿気の発生する要因をなくす対策をしましょう。

湿気防止のための対策として
・水蒸気の量を減らすこと
・湿気を吸収すること
・室温を高くすること
・空気を乾燥させること
などを挙げることができます。

具体的には?というところなんですが、次でお話ししたいと思います。

ずぼら的カビ・湿気防止方法

こまめな掃除に心がけ、湿気を溜めないために、除湿や換気に気をつけること
とお話ししましたが、正直こまめな掃除とか、ずぼらはやりたくありません(笑)
そこで、私のやっているずぼら的カビ・防止方法をご紹介します。

定期的に開けっ放しにする

カビや湿気の発生しやすいシンク下や押し入れやクローゼットは、定期的に開けっ放しにして換気をします。
ただ開けっ放しにするだけだから、ずぼらにも出来ます。
シンク下は開けっ放しだと、料理や洗い物する際に邪魔になるので、出掛けるときに開けっ放しで出掛けたりします。

新聞紙やすのこの活用

以前は、シンク下に新聞紙を敷いていたんですが、おしゃれ度を優先してこういうの↓を敷いた途端、湿気とカビの嵐に!

泣く泣く新聞紙に変更し、さらに通気性を高めるためにすのこも敷きました。
すのこは100均でも購入できますので、お手軽です。

すると、湿気とカビの嵐が嘘のようにカラッと!
新聞紙とすのこの威力凄すぎます!

そういえばおばあちゃん、タンスにも新聞紙敷いてました。
白い服に新聞紙の色が写らないか少し心配ですが、カビ・湿気対策には絶大ですね。

換気扇を回しっぱなし

我が家は、お風呂場とトイレは基本的に24時間365日換気扇を回しっぱなしです。
そのおかげで、お風呂場はカビゼロです。
換気扇回しっぱなしの電気代なんて、実はそんなにかかりませんし、カビが生えてから、カビ取り剤を買ったり、カビを取るためにかける時間のことを考えたら、断然換気扇回しっぱなしの方がお得です。

気になるところには湿気とり

対策をしていても、やっぱり気になるところありますよね。
そんなところには、湿気とりを置いています。

置くだけでいいし、水がたまるのが何気に楽しいです。

終わりに

これから、じめじめな梅雨がやってきます。
今年の梅雨は、湿気や雨はどうなんですかね。
お金をかけても良いのであれば、除湿器や壁紙を吸湿加工のものにするなど、やれることは無限だと思います。
今回は、ずぼらでも出来る手軽でリーズナブルな方法をご紹介しました。
参考になれば嬉しいです。
ありがとうございました。

ABOUT ME
ひまわり
アラサー兼業主婦です。ありがたいことに、周りからはマメとか綺麗好きとか言われますが、本当はずぼらです(笑)フル勤務、旦那の実家の手伝い、嫁業、実家のこと、他にもやりたいことが多すぎて、時間がなさ過ぎて、ずぼら術を駆使して生きています(笑) ずぼらを広めたくてブログ書いています(笑)