ずぼら知恵袋

ずぼら的夏バテ対策

どうもこんにちは。
ひまわり(@positivegirl___)です。

梅雨明けしてきていよいよ明日本格的な夏到来ですが、今年も早速ですが暑いですね。
梅雨の時期から暑くて、本格的に暑くなったらどうなってしまうんだろうかと思っていました。
ということで、今回は簡単にできる夏バテ対策についてお話ししたいと思います。

飲み物に塩を一つまみ

暑くて大量に汗をかくと、体内の水分とともに塩分やミネラルも奪われてしまいます。
すると脱水や熱中症になってしまいます。
そこで水分補給が大切になります。
ただ水を飲めばいいというわけではなく、塩分も一緒に補給することが重要です。
目安として、1ℓの水に対して1~2g の食塩を加えます。
ずぼらな私の場合は500mlのペットボトルに食塩を一つまみ入れています。
私はいつも仕事に行く際、500mlのペットボトルにお茶を入れて持って行っているんですが、食塩一つまみ程度であれば味は全く気になりません。
お茶だけではなく、他のジュースなどにも使える技です。
オススメは柑橘系です。
相性がいいんです。

塩飴

夏は、塩飴をなめることが多いです。

おばあちゃんが持っている塩飴だけではなく、今はいろいろな塩入りの飴が売られています。
私の好きな塩飴はこちら↓

これ、すごいシュワシュワが強いんです!
口に入れた途端、びっくりしますよ。
あと、最近は飴の他にもタブレットもあります。

にんにくを食べる

暑いとなかなか寝れなかったり、暑いというだけで体力を奪われたり、疲労がどんどんたまっていきます。
そういう時はにんにくが一番です!
私の周りで、毎日にんにくを食べている人が結構多いんですが、やっぱり元気なんです。
次の日のことを考えたり、仕事が接客業だったりするとなかなか難しいとは思いますが、今はにんにく卵黄のサプリメントや匂いのないにんにくもありますので、うまく活用できると思います。
でも、匂いがあるほうがやっぱりおいしいんですよね~。

無理せずエアコンを使う

お金がかかるからとか節約を理由に、エアコンを我慢しない方がいいです。
室内でも熱中症にはなります。
エアコンを我慢して体調を悪くしたり脱水になってしまったら、元も子もありません。
余計にお金がかかります。
私も実際に、経験済みです。

おわりに

他にも、酸っぱい料理を多くしてクエン酸を取ることを意識したり、夏バテ対策でできることはまだあります。
私は、20代半ばまで毎年夏バテになっていて、夏はゼリーとアイスのみで生きていました。
なので、いつも3キロくらいは痩せていました。
痩せていたというかやつれていたと言った方が正しいかもしれません。
その経験をもとに、いろいろ対策をするようになり、やっと夏バテ知らずになってきました。
ですが、年々夏の暑さがひどくなっていませんか?
そしてからっとした暑さではなく、湿度の多い暑さの日も多くなり…
今年の夏はどうなんですかね。
夏はまだ始まったばかり。
夏バテなんかしている暇ないですよ。
しっかり対策をして、夏を楽しみましょう。

ABOUT ME
ひまわり
アラサー兼業主婦です。ありがたいことに、周りからはマメとか綺麗好きとか言われますが、本当はずぼらです(笑)フル勤務、旦那の実家の手伝い、嫁業、実家のこと、他にもやりたいことが多すぎて、時間がなさ過ぎて、ずぼら術を駆使して生きています(笑) ずぼらを広めたくてブログ書いています(笑)